October 24, 2012

ガンダム女子

「an・an」に謎の特集「働く女子のガンダム 恋する女子のマクロス」
http://mixi.at/agwzqso
とりあえず、本屋で立ち読みだ!

ガンダムは働く女子の勉強に

マクロスは恋する女の子の関係性に

まぁ、アラサー女子にはいいかな

お奨めしているミライ・ヤシマは、今のアラサーにお奨めの手本かもしれません。

| | TrackBack (0)

金持ち老後

プレジゼントの今号の特集は、金持ち老後貧乏老後だ。
最近は立ち読みをして大前さんとかのコラムを読むだけになっているが、この号は他に収穫があった。

老後を送っている人たちの
あの時にあーしていたらよかったアンケート結果は、当たり前でいて面白い。


歯科検診を定期的に受けていたらよかった。
定期的につつけるスポーツをしていたらよかった
たくさん歩いていたらよかった。身近に相談出来る内科医を作っていたらよかった

もっと、貯金をしていたらよかった
もっと、海外旅行をしていたらよかった

もっと、たくさんの友達を作っていたらよかった
一生の趣味を作っていたらよかった
もっと、親と話をしていたらよかった
近隣の知り合いをたくさん作っておけばよかった

というものだった。
これの半分以上は現在実践済みで、
仲の良い人たちには徒歩圏にもしくは、電車で30分圏内に住んでもらえるよう、ちょっとずつアピール
最近健康だから行っていないけど、自分と年の変わらない行きつけの内科医、2代目なので、3代目にも期待
元気なうちにしか行けない海外に行きまくり
現在も着々と友人関係を作り、広く深い関係になれるような色んなイベントを企画
趣味をもっと広げる用意もあるし、年とか、知らない人なんか関係なく入っていける

あとは、貯金と歯医者とスポーツだな。

なんというか、自分が年いった時に困るだろうと考えていたことは当たっていたのだ。


まぁ、こういう人間が働き盛りで死ぬのかな。
過信せず頑張ろう。

| | TrackBack (0)

June 17, 2012

Newsweekのベスト映画

 今日は、アニソン三昧に釘付け状態なので、家の中で出来ることばかりやっている。
で、以前からここに載せようと思っていたのをこの機会に書いておかねば。

 先月のNewsweekで映画特集があって、映画記者がお奨めしている21世紀の残しておきたい名作がよかったのでここにも載せておこうと思いました。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 見たことないや、だましだまされの物語苦手で(>_<)

ダークナイト
 もう、70億の人々が見ておかないとだめやろうという傑作中の傑作だ

ロード・オブ・リングシリーズ
 やはり、映画館で一度見ておかないと行けないでしょう

ノー・カントリー
 コーエン兄弟の傑作だよ。

マルホランド・ドライブ
 あれほど、ツイン・ピークスが好きなのに、見たことがない(>_<)

ムーラン・ルージュ
 確かによかったけど・・・。

ブロークバック・マウンテン
 本当の愛を語る上でこれほどの作品は現れないと思うよ。
 シャツを見つけたときの体中にじーんとした気持ちが走った。こんな愛を皆求めていると思う。思い出しただけでじーんとしちゃった。

ミリオンダラー・ベイビー
 私はこれより、グラン・トリノを入れるなぁ

ブルー・バレンタイン
 観たこと無いなぁ

エターナル・サンシャイン
 この映画は、映画上級者しか理解出来ないと思うよ。って、自分は上級者かっちゅうねん

ソーシャル・ネットワーク
 確かに近年では見事な作品。主人公役のジェシー・アイゼンバーグのファンになったよ

Mr.インクレディブル
 確かにこの作品は面白かった。

トゥモロー・ワールド
 未見です。また、観てみます

ドライヴ
 これも未見なんですが、今度cinemaKOBEに2本立てで来るので見に行く予定です。

ハート・ロッカー
 これもジェレミー・レナーの演技がさえていた

ディパーテッド
 確かに、21世紀のリメイク作品の中で一番評価出来る作品。

愛を読む人
 作品世界がすごかったですね。歴史の渦はヨーロッパの方が大きい

潜水艦は蝶の夢を見る
 有名だから題名を知っている?小説の映画化かな?

 観てない作品を観ないと行けないなぁ。
さすが、Newsweekだから、他に書いている人たちがすごい。

我が心の傑作・名作というのに

ジョージ・クルーニー
 スミス都に行く 候補者ブル・マッケイ  大統領の陰謀

 政治的発言が多い彼らしい

ウッディ・アレン
 大人は判ってくれない ムッシュ・カステラの恋 天井桟敷の人々 勝手にしやがれ

 やっぱり、ヨーロッパ映画の影響受け過ぎなのね。パリに行ってよかったかも。


あと、アメリカのプロデューサーが選ぶ日本映画も面白い

バトル・ロワイヤル
ターン
ワンダフル・ライフ
十三人の刺客
AKIRA
GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊
ほの暗い水の底から
オーディション


 

| | TrackBack (0)

January 16, 2012

飯島勲氏は面白い

 会社で買っているPresidentを私だけが読ましてもらっているのだが、会社で借りる前は自分で買っていた。同じ特集が回ってくるので、だいたい1年読んだらあとは立ち読みでもと思っていた雑誌だったが、大前さんと飯島さんの連載が載っているので、続けて読んでいる。私しか読んでいないのを会長が知っているのでいつか取りやめるなぁと思っている。

 で、この号の中に嫌いなやつとの会合はカニをくえという話が載っていて、今号は飯島氏の面白さが倍増していた。のって書いているから、ご本人はそれほどひどい方とは思わないが、読んでいて韓非子を思い出した。
 未だ論語も中途半端な私であるが、韓非子は10代の頃に興味を持って読んだので、書いていた内容は忘れたが、飯島氏の書くような話だったような気がする。

 とにかく、要領よく生きるのは、こうすればいいという解釈がわかりやすく書いていた。

 まぁ、自己啓発の雑誌に連載しているのだから、多少のことではありきたりな説と記憶にとどめられることもないだろうけれど。

| | TrackBack (0)

September 06, 2007

ananとゲイの男性の好きな男は大分違うのよ。

 ananの好きな男投票結果はまたまた木村拓哉が第1位。こうなると、よっぽどの彗星のようなスターが現れない限りこの順位は変わらないのではないだろうか。
 今日、医者に行って、女性週刊誌を読んでいたら、ゲイの男性の好きな男アンケートをしていた。ananの方にも妻夫木聡が十位内に入っていたのだが、ゲイの男性からも人気があるようで、彼と坂口憲二が人気あるようなんです。嫌いな男は、木村拓哉だそうで、ゲイの人達にはジャニ系は人気がないそうです。その中でも、ポイントが高かったのは、山口達也と田中聖でした。
 妻夫木聡が男女とも人気があるのが分かる。今の流行のはにかんだような爽やかさを残している俳優で、CMとか出ていても、目を奪われる。だから、めちゃくちゃCM効果が高いんではないかと思う。ドコモのキム兄とのやりとりを見ていても、自然と「かわいい」と思ってしまうもの。
 まだ、ananを全部読んでいないのだが、本当に木村拓哉と明石家さんまは仲がいいんだね。少ないコメントをまとめ上げた文章にまで、明石家さんまが言った言葉を載せている。瑛太が結構高い位置でランクインしていて、コメントはやっぱり、仕事より恋愛!!を断言していました。早くお父さんになれるといいね。花ざかりの君たちへのドラマに出て一番よかった人は、中津役の生田斗真じゃないだろうか。稲垣吾郎が10位だった。いつもその辺りにいるのだが、ドラマに出ているわけでもないのにこの位置にずっといるのは、大したものだ。役者として演じた役柄で人気が左右されるというのではなく、稲垣吾郎自身の魅力なんだろう。松田龍平ではなく、松田翔太が入るのは、ドラマのせいかなぁ?龍平は殆ど映画ばかりだし、なかなか難解な役をこなしているから、あんなに麗しいのに。でも、翔太も魅力的だ。コメントに女性の香りが好きで、彼女が汗だくでやってきたら、彼女の汗を流すのに部屋を取って上げるよってコメントなんだが、この人はえらく早くから大人の男になっちゃたんだね。

敬称略

| | Comments (0) | TrackBack (6)

June 26, 2007

私を目覚めさせたスター

Crea_7_1
 7月号のCREAはときめかなくっちゃ映画じゃない!って特集をしています。
 その中に、私を目覚めさせたスターという読者アンケートがあって、10位まで載せていて、今の女性の好みが分かって面白いなぁと載せてみることにしました。CREAの読者層は、25歳から30歳と書かれていたりしますが、女性誌にあっては特集等の内容がよく調査されていて、内容も仕事を持った女性の気分転換なものを多く取り上げているので、年齢層の幅は広いと思います。


1位 ペ・ヨンジャン
B_y_1
 彼の出たドラマ太王四神記が今夏放送予定だそうです。NHKが2年間の契約をしているようで、韓国と同時放映となりそうなんですが、韓国側の放送予定が延期になったりしているので、NHKの情報はまだ出ていません。今夏に本当になるのかな?
公式HP

2位 金城武
 もうすぐ公開の「傷だらけの男たち」は、ディカプリオの出演でリメイクされるので、新旧比べるために観に行っておこうかなとか思っています。共演者のトニー・レオンも好きだし。で、次回作「赤壁」でも共演しているそうです。こちらの方は絶対見に行く!ジョン・ウー監督が三国志を撮るんだから!!劉備役をチョウ・ユンファ、諸葛亮役をトニー・レオン、曹操役を渡辺謙、他林志玲にもオファーをかけているようで、台湾の親善大使をしていた言承旭の彼女とも言われた林志玲の動いているところを見られるのは嬉しい。雑誌の方には、金城武が諸葛亮で、トニーが周瑜となっている。兎に角、楽しみですねぇ~。それまでにやっぱり三国志読んでおかないと!

3位 ジョニー・デップ
 次回作は、「スウィーニー・トッド」。ブロードウェイミュージカルの映画化のようだ。ってことは、歌うの?
http://www.imdb.com/title/tt0408236/

4位 イ・ジョンホン
 次回作「いい奴、悪い奴、変な奴」が韓国で放映中ようだ。この映画、私の好きなソン・ガンホが出ている。ウエスタンらしい。

5位 ブラット・ピット
 次回作「Burn After Reading 」ではコーエン兄弟のコメディに出るようで、共演者にジョージ・クルーニーやジョン・マルコビッチが出てくるだけでも観に行きたくなるんだけれど、ピットはここでハゲ面を見せているので、話題になるだろうなぁ。
http://us.imdb.com/title/tt0887883/

6位 キアヌ・リーブス
7位 チョン・ウソン
8位 レオナルド・デカプリオ
9位 ジュード・ロウ
10位 アンディ・ラウ

 でした。お目当ての方はおられましたか?ヨンさまの凄さはまだ、まだ続くようですね。

 映画好きな私は好きな俳優を聞かれるのですが、よく分かりません。思い出して言うのが、ピーター・フォークかスティーブ・マックイーンぐらいかなぁ。いつも、脚本家や監督で映画を観ているので、俳優で観に行くのは無いと言ってもいいぐらいだ。私もこの俳優の映画は全部観ていますってのをやってみたいものだ。

*************** 6/26 15:40 ***************

 私を目覚めさせたスターはやっぱり、
 露口茂 高倉健 スティ-ブ・マックイーン ピーター・フォーク オードリー・ヘップバーン リバー・フェニックス。
って、私いくつやねん。あかん、彼らを越えるスターを知らないんだぁ。

 やっぱり、映画は監督だよ。ビリー・ワイルダーに伊丹十三にキム・ギドク、スティーブン・スピルバーク、エミール・クリストリツツァ。やっぱり、現在進行形の映画ファンとは言えないなぁ・・・(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

March 22, 2007

第36回フジサンケイグループ広告大賞

 昨日、吹奏楽を聴かずに、フジサンケイグループ広告大賞の方を観てしまいました。
 当然の大賞受賞であった資生堂のTSUBAKIのCM。資生堂の花である椿の名前を冠しているから、それ相当な力の入れようだったと思われるが、SMAPの歌に、豪華女優人の登場といい、映像もまたいい。堂々の受賞とも言えます。
 ラジオ広告部門も堂々の受賞で、これはアデノゲンとマキアージュのCMでした。
 メディアミックス部門は、パナソニックのオキシライド乾電池の有人飛行のドキュメンタリーCM。あんなに素晴らしいのに、パナソニックはCM映像をHPに置いていない、なんたることか!(オヤジのようなセリフだなぁ)
 雑誌・新聞広告は、金鳥のCM。これも、HPでは観ることが出来なかった。面白いCMの多い金鳥なので、過去のCMも取りそろえているサイトがあります。

 読売広告大賞というのもあって、これはどうやら、2次元だけのものに限られるようです。この中のこの広告は私好きです。ユニクロのCMはTV映像も素敵ですものね。あのバイクの人は伊勢谷友介さんだったんだ。

 先週、友人HYが電車の中吊りが素敵と写真を送ってきた。携帯だったので、あんまりよく分からなかったので、会ったときにもう一度聞くと、伊右衛門の車内吊り広告がのれんのようになっていて、そののれんに造花の桜が付いていてとても素敵なものだったらしい。中吊り広告は見つかりませんでしたが、TVのCMも素敵なので、ちゃんと全作品を見せてくれます。音楽に俳優にこだわった作りで、毎回楽しみなCMだから、こんな風に大事に扱われていて、製造元も広告会社も嬉しいと思う。ここまで、イメージ戦略するのも、コンビニの中に多くの種類のお茶が並んでいるゆえんでしょう。お茶がいる季節になったから、普段持ち歩かない大人の人達に手を伸ばせさせるいいCMです。サントリーは、昔からCMの作り方がいい。私はよくこのブログでCMを取り扱っているので、何度も書いているかもしれませんが、雨と子犬のCMは素晴らしかった。カンヌの国際広告映画賞の金賞に輝いています。良い作品だから、you tubeにUPされていました。
 検索したら、ソクラテスかプラトンかとか、北海道限定の大泉洋のこんなBOSSのCMとか、あのペンギンアニメとか、鉄骨飲料とか、アクチュールランボーの出てくるCM、アントニオ・ガウディが出てくるCM、ギュスタフ・マーラーが出てくるCM、あ~サントリーいい仕事してますねぇ~。

 世界おもしろCMというサイトがあるのだが、そこで放送禁止になったCM。これがアメリカのハンバーガーのCMに選ばれること自体凄すぎます。

 今の私の好きなCMって・・・。印象に残っているものは、三菱自動車の軽のCMに出ている江角さんのおしりが、バレエやフィギアの人みたいに上がっているので、後ろ姿になったときにめちゃくちゃ気になる(笑)。softbankのキャメロン・ディアスの色が色々変わるCMが目を惹く。最近やっていないが新垣さんのポッキーの踊っているCMが音楽もよくって好きかな。反町さんの親子の車のCM好きだなぁ。かっこいいお父さんって感じだもん。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

August 14, 2005

女一人生きるのは・・・

 昨日本屋でAREAを見た。華流・韓流の新しい顔ぶれで私の好きだったF4も載っていたのだが、その特集以外に、30代・40代独身女性の不安を特集していた。家を購入した後契約を切られる、両親の介護を一人で見ていかないと行けない、等々書かれているが、別にその年代の独身女性だけの話ではないだろう。結婚している人達にも、組んだローンが見込み違いで、上がらない給料でやりくりしていたり、両親の介護は当然やってくる。専業主婦じゃない人などは、働いて家事もやって介護もしている人もいるだろう。私の友人なんて、夫の祖母の介護までやらされてその忙しい間に夫に浮気をされて、離婚して出て行くことになったら、「介護には来て欲しい」なんて、言われて、本当にいいやつだから、働きながら子どもも養いながら、離婚した夫の祖母の介護にまで行っていた。情が移るから、仕方がないよね。本来介護するはずの姑からは、離婚した後に「ご飯は作りに来てくれるのね。」と言われているので、彼女の嫁時代の人生は他人から見ると不幸なように思う。しかし、彼女はそれにより人格的にも素晴らしい人物になり、介護の仕事をしていて頼りにされている。なんか、ドラマの世界だよね。脱線したけれど、夫嫁両方が介護をする形なら、介護に関して一人で担うよりも羨ましくあるが、嫁が4人面倒を見るという形になるのなら、結婚なんてしたくないよね。そういう相手が見つかったらいいと思うけれど、社内で聞くお墓参りの話でも、夫の墓には家族全員で行くけれど、妻の方は妻が時間ある時に勝手に行けばいいという発言を聞いて、その家に嫁に入るから、嫁の実家は夫には関係ないという感じの人がまだ多いんだろうなぁ~。両方とも自分たちの親だし、先祖なのにね。
 で、打開策はどうなっているのかと雑誌を読むと、従来語られている通り、友人を多く持ち、近所に住み、病気になったときにお互いも助け合えるようにするって、当たり前じゃん。そんなの夫婦でも親類や友人など近くの人を作っておくべきだし・・・。AREAにしたら、遅れた内容でダメじゃん。もっと他の新しい姿を見せて欲しかったぞ!
 で、いつもこんな話を書いている日経ウーマンでは、また高給取りの生活も載せているが、年収別、地域別の女性の一人暮らしの特長を載せていて面白かった。神戸も載っている。神戸に転勤出来て、ここが気に入り、次の辞令が出たときに会社を辞めてここに残った人を多く知っている。生活に楽しみをもてる場で生きるのも、人生にはめちゃくちゃ必要なことだ。
 日経ウーマンの読者は20代後半から40代前半ぐらいだろう。インタビューしている人もそれぐらいの年齢に設定している。その割には、平均年収が350万ぐらいというのは安すぎないか。大分下がったってことなのだろうか。

 女の一人暮らし。私は、以前一人暮らししている時の部屋が2部屋あったので、今は親と同居の点で部屋の狭さに不満がある。しかし、もう介護を考えないと行けない年齢ではある親なので、一人暮らしは出来ない。ある意味一人暮らしが羨ましい。でも、いつかは一人暮らしになるので、一人でいることが困る、病気になったとき、老後について、色々もっと新しいものを見つけていかないといけない。前にコレクティブハウス建設に興味を持ったけれど、あまりにも近すぎるのは考え物だと考えた。マンション購入も老後の一人暮らしに民間の賃貸はいい気しないと聞くので考えるものがある。でも、マンションに住むお金があるなら、安い土地で安い材料を使ってコンパクトな家を自分で設計して建てたい。今は、その為の土地と材料探し中かな。まずは、今の悲惨な状態を打破することが第一だけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

イギリス人は大人だと思う

 「御影灘 ハリウッド」で検索しておられた方。何だろう。めちゃ気になる。
 今日は朝から怒っている!だって、バカなおっさんが、フランス語の数字はわけ分かんないから、国際語としては失格だ!なんてぬかしていたそうだ。私はフランス語も他の外国語も喋ることが出来ないけれど、フランス語の数字が覚えにくいことは知っている。
 言葉って文化だと思うのだ。古来、何も土地から得ることが出来なかった民族は交易をすることで、言葉が共通になり、商売に関する言葉が増え、数字が機能的に進化していった。日本でも、色の言葉や夕涼みなどの状態の言葉、虫や風や雨などの自然現象の言葉など雅な文化が発展したときに言葉がたくさん出来たので、そんな心に残るような言葉がいっぱい作られた。フランスだって、数字には全然興味が無く、どちらかというと農業国というイメージとおしゃれのイメージが強い国で、ファッションの言葉などが多く作られているのだ。って、あのおっさんに言っても仕方ないだろうが、兎に角、あんな恥ずかしい思いはさせられたくないのだ。あのおっさんを北西の海に流してしまおう。本当に恥ずかしい。日本の恥だわ。
 自分の使っている言葉に対してあんな風に公に言われたら、侮辱だよ!

 イギリスって凄いなぁっておもうのだ。前から思っているのだが、今度のテロの市民の対応と早々に犯人を割り出した捜査網。元々、イギリスが大好きで、子どもの頃から住んでみたいと思っていた。でも、確か18世紀かなんかに、喘息患者が死ぬような気候になったと書いているのを読んだことがあって、そんなに空気が悪いのは・・・と幼い頃の気持ちは冷めてしまった。でもはじめていったのはイギリス。思い描いていた通りで、幸せだった。やはり、春だというのに、灰色の空はシャーロック・ホームズにはよく似合うけれど、わたしの頭上には似合わない。その後まわったフランスの方が、たくさん差別を受けたけれど、住んでみたいと思った。
 何がイギリスがすごいって言うかというと、昔読んだ本には、裏の内閣というものが存在し、本来の内閣を見張っているというのだ。土井さんの時に、そんなものに社○党はなりたいといっていたように覚えている。で、例えば、ビックイシューって知ってる?都会だとおじさんが冊子を掲げて200円って叫んでいると思うのだが、友人は見かけるたびに買っているそうで、たまに2冊以上持っていたら、いらない?と人にあげたりしている。知らない人のために書くと、この雑誌はホームレス支援なのだ。最初の10冊か20冊は、無償で提供される。で、それを街で売って、稼いだお金を使って、1冊90円で購入して、200円で売る。そういうかたちで、社会復帰を促していくのだ。もちろん、売ると言うことは、アルコールも薬もやっていないというのが前提だ。でも、私はとてもひねているのだ。どんな理由があろうとも、そこまで落ちる前に自分で立て直すことが出来るだろう。自分も家族も友人も誰も大事に思わなくなったから、そんなことが平気で出来るようになるのだ。だから、ホームレスの人がどうなろうと自業自得。どちらかというと、生活保護もあんまりいい風に思っていない。でも、両者共、私の知らない諸事情があるのだろう。一度何にもしない方がいいと、思ってしまったら、這い上がることは出来ない。全部が全部じゃないけれど、仕事関係で知った生活保護の人があまりにも嫌な印象を与えてくれたので、せがめばいくらでも出してるんじゃねーよって、公共機関に訴えたい気持ちになった。ごね得と言う言葉をここで勉強させて貰った。あんな風なのにはなりたくない。だから、あんな風な人がいるから、本来必要な人の印象まで悪くなってしまっているのだから、困ったものだ。話がそれてきたが、だから、今のところ、ホームレス支援という気持ちにはならないけれど、支援者の支援はめちゃくちゃしたいのだ。だって、この間買ったものの特集記事は、非日常の夏休みってことで、「宝石探しわくわく体験」とか、「チャレンジ手作りカヌー」とか私としては面白い記事がでているのだな。で、200円なんて、申し訳ないのだ。ここには、オアシスのインタビューとか、アラスカの原油流出の話とか、ボランティアで書いている人がいるのだろうけれど、原価90円は本当に、色んな人達が気持ちを入れて作ってくれているのだ。そう思うと、買わないわけにはいかないでしょう。
 で、長々と書いたが、この運動は、イギリスから起こっている。他にも山ほど有名なボランティア組織がイギリスから発信されている。最近創始者が亡くなったア○ネスティもそうだ。日本では、岩波のブックレットぐらいにしか名前が出てきていないだろう。死刑の人数などを毎年発表しているのがこの団体だ。って、これじゃあ何をやっているかはわからないよね。創始者の人がある日新聞の記事を見て考えたのだ。その記事には、他の国で人権運動をした人が捕らえられたという記事だった。これは何かしないと彼らは殺されてしまうと考え、1面の掲載を行ったのだ。彼らを助けるために、その国に抗議の手紙を書こうではないかと。それから始まったのがこの団体だ。自分の国をよくするために言動したことで、政府に捕らえられた人達に、世界中であなたのことを見ていますよと一人じゃないという手紙を送り、その政府にはその現状を世界の人達は危惧していますと手紙を送る。世界中から何千と送られてくる手紙で、政治囚の人達が解放されたりしている実績があるのだ。手紙ぐらいと思うが、数が多くなると力というものが出来るのだ。
 なんかね。そういう、おとなのようなところを感じさせるのがイギリスなんだよ。ダメなところも多々あるよ。階級社会だと行ってすぐに感じた。たまたま、ロンドンマラソンをやっていたときで、その応援には白人ばかりしかいなかったのだ。他の有色人種がいないのだ。それで、はっきり、静かな人種差別のある国だと感じた。紳士で黄色人種の私たちにさえ、ドアを開けたり、重い荷物を持ってくれたりする。でも、はっきりと存在しているのだ。
 でも、イギリスって私から見るとかっこよくって、憧れの国なんだなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

憩いの本屋 05_19

 今日は、待っていましたのプライド④月のパルス②を買ってきました。月のパルスぶっといんでこれで最終巻かな?プライドは、一条ゆかりさんの作品。彼女の作品を読んだことがある人なら分かると思いますが、心の奥底まで出してしまう登場人物達に昔のドラマを感じます。この漫画は、一条さんの作品の中でもかなりレベルの高い面白さを秘めています。終わったら昼ドラ直行かもしれないほど、凄い話しが展開しています。ストーリーは、お金持ちで自由気ままに暮らしているお嬢様が主人公。彼女はオペラ歌手を目指しています。部屋のお掃除に来た同じようにオペラ歌手を目指している女子大生がだんだんと彼女との世界の違いに怨念の矛先を向けるようになってしまいます。順調はずだった会社が倒産し、家が差し押さえられることになり、夢を諦めることに、その時に出会った男性二人がこの女性二人と関わってきます。プライドを捨てて生きている女とプライドだけが身を支えている女。面白いですよ!

 SAPIOが世界の親日家を特集しています。なんか憐れな日本人。ダ・ヴィンチは福井晴敏特集。BRUTAUSは、贅沢は敵だと題して、贅沢品の数々を載せている模様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)