February 04, 2017

ゆきゆきて神軍

1982年から83年にかけて、神戸の秘宝奥崎謙三を追ったドキュメンタリー映画で、1987年に単館上映をされた原一男監督の作品。マイケル・ムーア監督がドキュメンタリー映画では一番好きと言っている。
奥崎謙三は、神戸市兵庫区に住み、サンテレビの政見放送で小学生の私は見かけたことがあった。
昔、教育会館で上映会があって観たことがあった。その時に、作品のショッキングな内容より見慣れたところが出てきたのにショックを受けた。

Wikipediaより

戦後“神軍平等兵”を名乗り、かつての所属部隊・独立工兵隊第36連隊のうち、ウェワク残留隊において隊長による部下射殺事件があった事実を知り、当時の二人の兵士、吉沢徹之助の妹・崎本倫子、野村甚平の弟・寿也とともに“敵前逃亡"の罪で処刑した元上官たちを訪ね、真相を究明しようと試みる。二人の日本兵は敗戦後3日目には敗戦を知っていたにも関わらず、その20日後に処刑されたという。だが、当時の上官は処刑に立ちあったことは証言したものの、ひとりは空砲だったと言い、別のものは2人をはずして引き金を引いたと証言。誰が彼らを撃ったのかは不明のままとなる。しかし、すでに病人や高齢である当時の上官は容易には口を開きたがらない。しかし、奥崎は一歩も引かずさらに詰め寄り、ときにはその煮え切らない態度に業を煮やし殴りかかる。そのうち、殴られた上官は話しはじめ、少しづつ真実が見えてくる。その中で、彼らは飢餓状況の中で人肉を食べたことまで証言。やがて、二人の遺族は奥崎の、時として暴力も辞さない態度から、その後同行を辞退。奥崎はやむを得ず、妻と知人に遺族の役割を演じさせ、処刑の責任者たる古清水元中隊長を訪問し真相を質す。また同時に、独工兵第36部隊の生き残り、山田吉太郎元軍曹に当時の様子をありのままに証言するように迫る。

今回、ふたば学舎で上映会と原一男監督のトークショーがあり聞きに言った。
久しぶりに観た戦争。以前観た時の感想は覚えていない。今の私としての観方となった。
1300人の兵士の内戻ってきたのは30名程度、その中で戦後35年も生き抜いた元兵士達がその激甚の状況下で行われた行為を語る。
商業価値として捉えた奥崎謙三という題材だけれども、奥崎氏の戦友の墓参りをする姿と他の元兵士たちの頑なな姿を商業的観点で観るのは憚られるような気持になった。
それに相対する形に、奥崎氏の奇矯で自己中心的な性格が変な意味だが緩和された。

きっと以前なら、生きている元兵士の言いたくない気持ちを自分と同じ立場なので感じていただろう。
しかし、この映画を観ていると、物言わぬ亡くなった兵士たちの一人ひとりの心情を感じえずにいられなかった。そのため、奥崎氏の姿にもその中にある真摯な思いも感じ取れた。そのまま、「山崎、天皇を撃て」の昭和天皇の謝罪を求める姿にも通じるようにも感じる。

私の問いは、生きている人のために、死んでいった人たちはどんな理由があろうとも、放置されていいのかということになる。死に損である。戦争の犯罪は、これに尽きるのである。

トークショーでは、監督は3時間でも足らないと、奇矯な奥崎氏について熱く語った。
この映画を観て、もしかして奥崎氏は2月生まれの水瓶座はないかと検索したら、やっぱり水瓶座だった。とうとう、射手座、獅子座、に続き、水瓶座も行動を観たらわかるようになってきた。
奥崎氏は老齢になってから性に目覚めたらしく、そのために刑務所を出た後にいいカモにされた形で映画を撮られたような気がする。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆきゆきて、神軍 [ 奥崎謙三 ]
価格:4568円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神様の愛い奴(DVD)
価格:3246円(税込、送料別) (2017/2/4時点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2013

慰安所職員の日記

今日の神戸新聞朝刊にて
韓国の古本屋で慰安所職員の日記が見つかり、韓国の博物館が購入、日韓の大学教授が共同研究したものが韓国で出版される。
それには、日本名の朝鮮人が慰安所を経営していること
強制連行ではなく、募集されてきていること
軍からコンドームの支給があったこと
軍の要請で移動させられていたこと
給金を渡されていたこと
などが書かれていて、軍が関与していたが、強制連行ではなかった。しかし、移動を強いられる性奴隷は間違いない事実。
これから、日韓の歴史認識が少しでも進展していくことを願っています。

隣の国では、電力需要がピークでエレベーターが止まっていて、これから役所のエアコンが使えなくなるそうです。日本も大変だけど、そこまでいっていない。もっと早く近づいていたら、お隣の大変な時になにか出来る国になっていたのにと思うと、非常に残念です。

| | TrackBack (0)

July 13, 2013

柳田國男の故郷70年

婦人大学の公開講座で園田大学教授の柳田國男と兵庫の民俗学を聞きに行く。

友人Tと行く予定だったが、一人で行くことになった。
婦人大学は60歳以上の女性が入るところだから、受付で他の部屋の方を教えられた。
こんなことを書くぐらいだから、60歳以上と思われたらって思ったけど、
会場に入ったら、やっぱり、全然違う。
母親の世代といったら失礼かも知れないけど、違うことを感じる。

どこが違う?
服の色、髪の毛、後ろ姿で同じぐらいと思っても、振り向いたら違う。
同じようにほうれいせんが出来て、老化の課程にいるけど、年数で変化は顕著に現れる。
おばばさまを見てるけど、集団になると違うなぁ。
勉強になるなぁ。みんな素敵だなぁ。
この人たちに負けないように、綺麗に年を取ろう。
婦人大学に入るぞ♪

柳田國男は兵庫県の出身
13歳で転居しているのに、高齢になられてからの聞き取りでは、素晴らしい記憶力で、故郷70年という書物が神戸新聞でまとめられている。
詳しくしらなかったのだが、県民だったこともしらなかったが、本人が遠野で聞き取りしたわけでもなかったことを初めてしった。

彼は田山花袋などと友人で、文学仲間との話で遠野出身者から聞いた話をまとめたのが、遠野物語だったようだ。
当たり前だと思っていたものの理由を求めて集めていく民俗学
先日聞いた田辺教授の話といい、今行っている神戸の地誌の講座といい、土地の情報って面白いなぁ

柳田國男の著作権は昨年切れたようで、安価でたくさんの本が出ているようだ。
転勤したら電車の時間が長くなるので、本がさくさく進むかな…

| | TrackBack (0)

June 29, 2013

六甲の近代化建築遺産を行く

六甲ケーブルが催しているイベントに参加してきました。
久しぶりの六甲山です。

六甲ケーブル山上駅のモーターやプーリーを見せてもらい、普段は客が通らないところを通らせてもらえて嬉しかったです。昭和初期の建築物で、アールデコがちょこちょこあって、設計者がわからないとは残念です。
釣り子式で、下駅と山上駅の列車が上下する方式と言われても、なんか簡単過ぎて構造がピンときません。

最初に安藤忠雄の風の教会に向かいました。数年前に六甲オリエンタルホテルが閉鎖し、みることが出来なくなったのが見られるという有り難いツアーです。
華やかなりし頃を知っているので、鬱蒼とした緑の中、朽ち果てつつある姿はとても悲しいです。
建ってから30年ほど経っているけど今でも綺麗にしたら使える姿が残念でなりません。
廃墟フアンではありますが、勿体ないです。

次に会員じゃないと観ることが出来ない六甲山ゴルフ場のクラブハウスの外観だけ見せてもらい、

ヴォーリーズ六甲山荘は住吉山手にあった洋館小寺邸の別邸
今はNPOが取得し、管理している。
ヴォーリーズの細かく行き届いた設計を説明されながら案内され、いい体験になった。ランチもカフェも出来るのでまた来たいです。

ここから、六甲山ホテルに向かう途中、登六庵の前を通る。
久しぶりに見かけられて嬉しかった。まだ営業しているなら、またこれる♪

六甲山ホテルは内部に案内され、阪急阪神の話を聞く。
両者がせめぎあってくれたので、六甲山がここまで開発された。六甲ロープウェイもたくさんの保養所も今は廃墟に向かっているけど、それも含めて六甲山の魅力ではあります。

また、六甲山にこの季節に行きたいです。


undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

| | TrackBack (0)

June 24, 2013

手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから

平成26年 1月15日(水)~3月10日(月)
大阪歴史博物館

手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから 「マンガの神様」「マンガの王様」 ともよばれた二人のマンガ家に焦点を あて、戦後のストーリーマンガの誕生 から、アニメ、特撮、現代アートへと 国内外に拡大するMANGAのちからを紹 介します。

| | TrackBack (0)

March 20, 2013

船場レトロ建築スタンプラリー

 船場レトロ建築スタンプラリーに行ってきました。

 JR大阪駅から南に歩いて、15分で淀屋橋です。私ははじめて歩いて行ってみることにしました。
 意外と北新地って近いですね。
Img_2591Img_2592Img_2593

Img_2598 橋の下のコンクリートについている鉄骨がなんでついているのかが分からず、こればっかりは橋をやっていた人に聞くしかないのかなぁ

 御堂筋を南下、淀屋橋を渡ると、淀屋橋駅が見えます。この建物は、戦争中の1939年に建った中央ビルディングとその西に行くと三井住友銀行があります。
Img_2601Img_2606Img_2608

大阪倶楽部                                 ダル ポンピエーレ     
Img_2609_2Img_2612

 待ち合わせの淀屋橋駅1番出口で、友人YとWと合流。ランチ予定のベトナム料理店のある芝川ビルに向かう。途中、外壁の御影石に合わせた自動販売機を見つける。
 大阪の友人が百又が有名と教えてくれる。又がついているから、芝川ビルを作った芝川又四郎の又かなぁ。
Img_2618Img_2619Img_2621Img_2620
Img_2623Img_2624Img_2627


 近くに緒方洪庵の適塾があるので、250円払って内部を見学した。知らなかったYに、JIN-仁-で武田鉄矢が演じていた役と伝えました。左の写真は1901年築の大阪市立愛珠幼稚園
Img_2628Img_2631Img_2634Img_2635Img_2638Img_2640

Img_2642_2 雨が強いので、お茶に入ることになりました。新井ビル内にある五感というカフェ、美味しかったです。

つづく また、残り写真UPします

| | TrackBack (0)

March 19, 2013

クロンチョン

インドネシア音楽のクロンチョンをはじめて聴いた。
ケチャとかガムランのイメージを持っていたので、西洋的で牧歌的な音楽にアルファ波出まくり

気持ちいい

弦楽器が多いからかな

代表曲を
ブンガワン・ソロ

| | TrackBack (0)

January 09, 2013

NHK番組の情報 2013.1

最近ちゃんとNHKみてないなぁと思い、好きなNHK番組の情報をまとめます。
観る時間が無くて、予約しているのが観られない。

■東京カワイイ★TV
総合 : 毎週土曜 午後11時30分~11時59分(一部地域)

■COOL JAPAN
BS1 : 毎週日曜 午後11時~11時44分
毎週土曜 午後6時~6時44分(再)
翌週日曜 午前8時~8時44分(再)

■恋する雑貨
BSプレミアム: 毎週月曜 午後11時15分~11時44分
翌週金曜 午後0時30分~0時59分(再)

■サイエンスZERO
Eテレ: 毎週日曜 午後11時30分~翌午前0時
毎週土曜 午後0時30分~1時(再)

■猫のしっぽ カエルの手
BSプレミアム: 毎週金曜 午後7時30分~7時59分
翌週水曜 午後11時45分~午前0時14分(再)
翌週木曜 午後0時30分~0時59分(再)

■BS歴史館
BSプレミアム: 毎週木曜 午後8時~8時59分
翌週金曜 午前8時~8時59分(再)

■プレミアムアーカイブス
BSプレミアム: 毎週月曜~金曜 午前9時~11時
翌週火曜~金曜 午前0時45分~2時45分(月曜深夜~木曜深夜)(再)
翌週土曜 午前1時45分~3時45分(金曜深夜)(再)

1月21日(月) 「時空の絵師・歌川広重 〜名所江戸百景の謎〜」
再放送 1月31日(木)午前0時45分〜

1月22日(火) 「天才画家の肖像 美人画・香りたつ色気の秘密 喜多川歌麿」
再放送 1月31日(木)午前0時45分〜

■歴史秘話ヒストリア
総合 : 毎週水曜 午後10時~10時43分(一部地域)
水曜 午後4時05分~4時48分(再)

■日曜美術館
Eテレ: 毎週日曜 午前9時~9時59分
毎週日曜 午後8時~8時59分(再)

■きれいの魔法
Eテレ: 毎週土曜 午後9時30分~9時55分
毎週水曜 午前10時30分~10時55分(再)

■美の壺
総合 : 毎週日曜 午前4時30分~4時59分 BSプレミアム: 毎週水曜 午後7時30分~7時59分
毎週火曜 午前11時~11時29分(再) Eテレ: 美の壺セレクション
毎週日曜 午後11時~

■嘆きの美女
BSプレミアム: 1月12日(土)放送スタート



| | TrackBack (0)

December 08, 2012

世界の珍博物館18選


死ぬまでにいってみたい世界の珍博物館18選

 もうみてくれぇ~って感じだね。

とりあえず、順位まとめ

第1位 「ペッツ博物館」 アメリカ/カリフォルニア州バーリンゲーム
第2位 「トイレットシート博物館」 アメリカ/テキサス州アラモハイツ
第3位 「塩こしょう入れ博物館 」 アメリカ/テネシー州ガトリンバーグ)
第4位 「バータ靴博物館」 カナダ/オンタリオ州トロント
第5位 「パリ下水道博物館」 フランス/パリ
第6位 「サモワール博物館」ロシア/トゥーラ
Tula Museum of Samovars
Tula Museum of Samovars (トリップアドバイザー提供)
よく分からないので、写真付き
第7位 「インスタントラーメン発明記念館」
第8位 「スパム博物館」
第9位 「目黒寄生虫館」
第10位「マダムタッソー」
第11位「魔法博物館」 イギリス
第12位「伊賀流忍者博物館」
第13位「有刺鉄線博物館」
第14位「UFOミュージアム」
第15位「男性器博物館」
第16位「ゆりかご博物館」
第17位「葬儀史博物館」
第18位「地獄の庭」

ここによく書いている目黒の寄生虫館まだ観に行けていないです(T_T)

で、上にも載っていないところで、私のお奨め書きます。

中世犯罪博物館
Medieval Crime Museum (Mittelalterliches Kriminalmuseum)の口コミ
Medieval Crime Museum (Mittelalterliches Kriminalmuseum) (トリップアドバイザー提供)
行ったことがあります。殆ど、人がいなかった。

| | TrackBack (0)

September 16, 2012

東京おたくみたいな旅②

Img_2036 新橋を歩いているときに見つけた。地下の居酒屋へ向かう道。なんか、吸い込まれるように、階段を下りたくなった。

堀商店の写真を追加
Img_2043Img_2047Img_2051
Img_2052Img_2053Img_2054

はじめて実物を間近に見たよ貞操帯。堀商店に行った価値あったでしょう(笑)
いやいや、錠の貴重な博物館です!

新橋のビル
Img_2060Img_2063Img_2068

Img_2077ホテルから見たてっちゃんみたいな写真


2日目


Img_2079いつものように、朝早く起きたので、大手町のホテルから歩いて近代美術館に行くことにした。
今のビジネスホテルって、全部揃っているから、楽だね。ここは朝食のトマトのパンがめちゃくちゃ美味しかった。

予定してなかったから、地図もないので、人に聞きながら歩く。
Img_2081Img_2085Img_2086

途中、日本橋を見つけ、映画麒麟の翼の舞台になった麒麟を見、水天宮も目指すが、やっぱりまっすぐな道がないから、違う道を歩いて遠回りする。
水天宮から、清洲橋を目指し、交番で聞いたり、人に聞いたり、名古屋からきた人たちが親切に地図までだして見てくれた。

Img_2097Img_2110Img_2111

清洲橋で初めてスカイツリーを見た。夜景が見たかったなぁ。
橋のリベットの並びを見ていたら、塗装もはげていなくて、メンテナンス行き届いてるなぁと思っていたら、橋のトラス端部が腐食している。こんなにわかりやすいから、安全性は大丈夫なんだろう。

清洲橋渡ったところに、陸奥宗光の邸宅跡があった。
陸奥宗光のファンではないが、彼がいなければ、幕末の人気もかなり変わっていたと思う。
坂本龍馬が船中八索書いていた頃
新政府案に自分の名前を入れなかったことを西郷隆盛に指摘された時に、

世界の海援隊を作るじゃき

と答えて、めっちゃかっこよかったと陸奥宗光が後年語ってくれなかったら、坂本龍馬もここまで有名になっていなかったかもと思うのだ。

深川江戸資料館前商店街を歩いて、ここも見られるかなって、ちょっと期待しながら、東京近代美術館に向かった。

Img_2117Img_2118Img_2119

2時間歩いて到着。予定通り、開館時間10時に到着。行かれた人に、人が多いから1番で行った方がいいと言われていたが、平日にもかかわらず、めちゃくちゃすごい人やんかぁ。
音声ガイドを借りたら、全部にガイドがついていますと、言われた。これで、みる時間がかかっているんだな。

写真禁止だが、もう写真撮りたくてしかたなかった。

特撮映画初期作品の資料の掲示、使われた飛行機類が並ぶ。
ドリルの刃のかけた部分のリアルさ。最初から、すごいなぁ。
成田亨だったかな、ウルトラマンのデザインを決めた人、あと小松崎茂なんかの有名な人のスペースが少なくて、それ以外の人たちをたくさん取り上げていた。

ウルトラマンが飛ぶときの撮影用ミニチュアが飾っているのだが、お尻がとってもかっこよくて、すごいすごーい造形美だぁと興奮。

ザボーガーって、変わった特撮が多いピープロダクションのんだったんだ。スペクトルマンとか、ライオン丸とかは知っていたけど、だから、あんな形なんだ。

あと、特撮カラオケでよく名前が上がるマイティジャックは、ワンコーナー出来ていて、使われた乗り物たちがかっこいい。


樋口さんが副館長でもあるので、平成ガメラシリーズで使われたミニチュアが並んでいた。
日本のゴジラ映画はみたことないけど、平成ガメラは、ネットの知り合いが参加していたので、シリーズはみたことあったから、余計に面白い。ローレライで使われた潜水艦も飾っていて、カワサキワールドでみた船のミニチュアとはまた違った感動を覚えた。

沈まぬ太陽の時に使われた御巣鷹山に当たる飛行機もつり下げられていた。


巨神兵現るは、林原めぐみの語りで映し出される。ミニチュアだと分かるけど、この映画にCGが使われていないことに驚く。
その驚きの技法の紹介と、職人たちの紹介が続き、キノコ雲をどうして作ったかを見せてもらえる。

また、音声ガイドでは、職人技の凄さを職人たちが語り、展示順で順番に見れるように語ってくれるから、おんなじ人たちが同時進行で鑑賞していて、面白い。

これでもかと、ラスト近くに持ってきた特撮倉庫の復元。音声ガイドの職人語りで、倉庫にある東京タワーを2回も切ったことがあるといっていた。
天井にぶら下げされていたB-29は、3回ぐらい映画に出演したことがあると言っていた。
たくさんの壊れかけの電車や戦車や戦闘機、すごい、すごいヽ(≧▽≦)/
で、倉庫出口近くに、キングギドラのスーツが展示。スーツアクターさんが大変だったんだなぁと分かる。前のめりの重心。実際、キングギドラが地球上に現れても、地球の重力でつんのめってしまうのでは、とそのとき思えるほどだった。

ここを過ぎると、往年の特撮技術の紹介がされていて、戦闘機を吊す紐を見せないために、天井が陸地として反対向きに撮影していたり、特撮技術が発展する陰に大変な努力があったことをここでたくさん語られていた。

そして、最後はミニチュアの破壊された街。ここは写真撮影はOKだったので、みな写真撮りまくりでした。外国人が多いことをここで初めて気づいた。
学校のゼミの人たちが、先生と一緒にきていた。
熱く語り合う人たちが、そこら中にいた。

Img_2121Img_2122Img_2127
Img_2129Img_2132Img_2134
Img_2138Img_2141Img_2143

ガンダムは期間制限がないから、万人向けの内容で、平日人が居なかったから、30分程度で回れたけど、ここは10時から13時半までいてしまった。
近代美術館の併設展も常設展もみる時間なかった。
1400円では安過ぎるし、これで終わりは忍びない。
是非関西でもやるべきだ。これをみたキュレーターは、展示について大きく考え直すのではないかと思う。

庵野さんの特撮愛が詰まった展示会で、特撮初期作品が多く、シリーズものの、特に仮面ライダーものがまったくない。
彼は、仮面ライダースーツで結婚式をあげようとしていたぐらいのファンなので、あえて外したのだろう。だから、石ノ森作品の特撮ものがない。宇宙からのメッセージ劇場版があるかなとか、こんな時なので、割と期待していたので、ちょっと残念。
庵野さんのカルトな取り上げ方は、おはよう子供ショーの5分の特撮まで取り上げていた。

めちゃくちゃ良かった。
あと、特撮博物館のお土産クッキーが3150円とか2100円とかじゃなかったらよかったのにと思った。
読まれた方、長いこと読んでいただき有難うございます。

Img_2148 おまけです。新幹線置き場は、京都駅から新大阪駅の間にあります。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧